Personal tools
You are here: Home Wiki VMwarePlayerHowTo
Views

Edit history

Log note :
changed:
-
 * Created: 2006-06-20 by jkbys
 * Contributor(s):

== !VMware Player のインストール ==

=== Windows の場合 ===
http://www.vmware.com/download/player/ から、Windows用の!VMware Playerをダウンロードしてインストールする。

=== Ubuntu の場合 ===
multiverseからvmware-playerパッケージをインストールする。
標準のscim用immoduleを使っていると動作しないので、scim-bridgeパッケージをインストールし、Xを起動しなおす。

== 仮想マシンのダウンロードと起動 ==
以下のいずれかの仮想マシンをダウンロードする。

Ubuntu 6.10 Edgy Eft の仮想マシン -
[http://cdimage.ubuntulinux.jp/releases/6.10/ubuntu-ja-6.10-vmware-i386.zip ubuntu-ja-6.10-vmware-i386.zip] ([http://cdimage.ubuntulinux.jp/releases/6.10/ubuntu-ja-6.10-vmware-i386.zip.torrent torrent])

Ubuntu 6.06 LTS Dapper Drake の仮想マシン
[http://cdimage.ubuntulinux.jp/releases/6.06/ubuntu-ja-6.06.1-vmware-i386-20060904.zip ubuntu-ja-6.06.1-vmware-i386-20060904.zip] ([http://cdimage.ubuntulinux.jp/releases/6.06/ubuntu-ja-6.06.1-vmware-i386-20060904.zip.torrent torrent])

任意のフォルダに展開し、VMware Playerでvmxファイルを開く。

初回起動時に、言語やキーボードの種類、ユーザ名やパスワードを設定する画面が表示されます。

仮想マシンには、OpenOffice.orgやEvolutionなど一部のアプリケーションがインストールされていません。デスクトップCDでインストールした場合と同じアプリケーションを導入するには、ubuntu-desktop-jaパッケージを導入します。

== カーネルのアップグレード後、ネットワークに接続できなくなった場合の対処法 ==

 1. 以下のコマンドで、!VMware Tools用のモジュールを作る。

  {{{
sudo vmware-config-tools.pl
  }}}

 モジュールのコンパイルに失敗する場合は、以下の「モジュールのコンパイルに失敗する場合には」を参照してください。

 3. 以下のコマンドで、ネットワークに接続する。

  {{{
sudo -s
/etc/init.d/networking stop
rmmod pcnet32
rmmod vmxnet
depmod -a
modprobe vmxnet
/etc/init.d/networking start
  }}}

== モジュールのコンパイルに失敗する場合には ==
多くの場合、コンパイルに必要なモジュールが導入されていないためです。以下の手順で導入することができます。

 1. 起動時にEscキーを押てGRUBのメニューを出し、アップグレード前のカーネルを選択して起動する。

   http://www.ubuntulinux.jp/wiki/VMwarePlayerHowTo/grub.png

 2. 以下のパッケージをインストールする。
   * Ubuntu 6.06 LTS Dapper Drake の場合
     * gcc
     * make
     * linux-headers-386

   * Ubuntu 6.10 Edgy Eft の場合
     * gcc
     * make
     * linux-headers-generic

 3. 再起動し、新しいカーネルで起動する。

Powered by Plone, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: